国民健康保険(退職者医療制度)

退職者医療制度

長年、会社や役所等に勤めて退職し、厚生年金や共済年金を受けている方で、下記の要件に該当する方、 及びその被扶養者は退職者医療制度の該当となります。

この退職者医療制度とは制度対象者の医療費を社会保険等より拠出することにより、国保財政の支出を抑え、 国保税額の抑制にもつながります。該当される方で、まだ届出をされて無い方は届出をお願いします。

  該当要件
退職被保険者
(本人)
国保に加入している方
老人医療受給者ではない方
年金受給者で厚生年金等(国年以外)の加入期間が20年以上もしくは40歳から加入期間が10年以上ある
退職被扶養者
(家族)
国保に加入している方
老人医療受給者ではない方
退職被保険者の直系尊属、配偶者、子、孫及び弟妹等三親等内の親族である
退職被保険者によって生計が維持されていること
年間の収入が130万円未満(障害者及び60歳以上は180万円)であること