国民年金(保険料の免除制度)

保険料の免除制度

(全額免除・3/4免除・半額免除・1/4免除・若年者納付猶予・学生納付特例)
※3/4免除、1/4免除は平成18年7月より実施

病気や経済的な理由、学生で収入がない等で保険料を納められない時は、申請により保険料を納めることが免除される制度があります。

申請後、社会保険事務所で前年の所得等を審査して、要件を満たしていれば承認を受けることができます。納付がむずかしい時には、未納のままにせず、年金係にご相談ください。

・ 年金を受ける権利が保障されます。(年金を受給するときは、一定減額されます)

・ 万が一のとき、納付済期間として要件に含めることができます。

・ 各免除制度により承認された期間の保険料は、10年以内なら、さかのぼって追納して、納付済期間に変えることができます。

(※ただし、免除を受けてから3年目以降に追納する場合は、当時の保険料に加算金がつきます)