用途廃止

窓 口
電 話
本庁(地域振興課)
0887−38−8182

通常「赤線・青線」と呼ばれる里道・水路を個人の所有としたい場合にとる手続きを“用途廃止”と言います。 田や畑の中にある里道や水路は、個人がかってにつぶしたり、埋め立ては出来ません。 すでに造成などで里道や水路の形がなくなっている場合でも、公図(地籍図)に記載されている限り用途廃止の手続きが必要です。